タブレットと言えば、若者がカジュアルにゲームやネットサーフィンを楽しむための端末だと考えられていますが、ビジネスパーソン向けのオンキョー製品があります。

タフに使えるオンキョー製タブレットであれば、ビジネスシーンでも活躍します。



ノートパソコン以上の携帯性があり、マウスやキーボードが無くても、作業が進められますので、移動が多いビジネスパーソンには最適な端末です。オンキョー製タブレットの特徴として、大きいのがWindowsが基本ソフトウェアとして採用されている点でしょう。
その分野の製品ではライバル企業のAppleが絶大な人気を誇っていますが、会社や自宅のパソコンがWindows製でiOSのタブレットとの連動性に悩んでいる方々には、オンキョー製品が最適です。

SDカードを差し込むスロットがあるのもWindowsタブレットの利点になります。比較的本体容量が少ないのが欠点ですが、後から不足に応じてSDカードで記録容量を補えます。


また万が一の製品故障に備えて、常にSDカードや外付けHDDにデータを残す癖を付けておけば、データをわざわざバックアップする必要がありません。



オンキョー製品ではUSB機器との接続が可能です。

これはiOSやAndroid製の製品では出来ない芸当であり、更にはHDMIケーブルとの連携も出来ますので、ちょっとしたプレゼンテーションのハードウェアとしても活用可能です。バッテリー性能も良く、半日程度であれば充電する事なく快適に使い倒せます。

産経デジタルならお任せください。

Copyright (C) 2016 オンキョー製タブレット端末の魅力 All Rights Reserved.